サーバーに接続されたコード。サービスのセットアップを表します。

集計サービスを使用して要約レポートを生成する

公開日

翻訳先言語: English

アトリビューション レポートのオリジントライアルの実験と参加が可能になりました。開始するため使用できる開発者リソースとコードサンプルが多数用意されています。

オリジントライアルで要約レポートを生成するにはまず、集計サービスをセットアップする必要があります。このブログ記事では、その手順の概要について説明します。

2021 年にこの API でオリジントライアルを実行した場合は、移行ガイドに従って、最新のオリジントライアルの準備を行ってください。

重要な用語

アトリビューション レポートの概要要約レポートの詳細をまだお読みでない場合は、集計サービスのセットアップについて学習する前に、それらに目を通しておくことをお勧めします。

  • 要約レポートは Attribution Reporting API 用にコンパイルされた出力であり、ユーザーグループに関する情報を集計したものです。要約レポートは、購入金額やカートの内容などの詳細なコンバージョン データを提供し、クリックやビューのデータを柔軟に表示します。
  • 集計可能なレポートは、個々のユーザーのブラウザによって生成される暗号化されたレポートです。これらには、広告主またはアドテックによって定義された、個々のコンバージョンと関連する指標に関するデータが含まれています。 集計可能なレポートの詳細について、さらにお読みください。
  • 集計サービスは、集計可能なレポートのデータを処理して、要約レポートを作成します。

集計サービスをセットアップする

集計サービスの提案では、必要なセキュリティ機能をサポートするクラウド サービスに信頼できる実行環境(TEE)をデプロイして集計サービスの独自のインスタンスを運用することを各アドテックプロバイダーに求めています。

初期実装とオリジントライアルにおいては、アドテックはローカルテストをセットアップするか、Amazon Web Services(AWS)を使用した TEE でテストできます。

  1. プライバシーサンドボックスの関連性と測定のオリジントライアル(OT)に登録します。
  2. Amazon Web Services アカウントを作成するか、用意します。
  3. 集計サービスのオンボーディング フォームに記入します。このフォームに入力すると、登録確認と集計サービスのセットアップ手順が記載されたメールが届きます。

ローカルテスト ツールと AWS で実行されている集計サービスではいずれも、集計可能なレポートが Apache Avro 形式でバッチ処理されることが想定されています。集計可能なレポートを収集してバッチ処理する方法を説明するコードスニペットを確認してください。

AWS の TEE で要約レポートを生成する

これは、TEE で要約レポートを生成する方法を大まかに説明したものです。AWS での集計サービスのテストについての詳細は、開発者ドキュメントをお読みください。

要約レポートを生成するには、Terraform を使用して AWS に集計サービスをセットアップする必要があります。Terraform は、AWS Nitro Enclave インスタンスにおける集約サービスのプロビジョニング、管理、廃止を支援します。

  1. 最新の AWS クライアントをインストールしてセットアップします。
  2. Terraform をセットアップします。
  3. 集約サービスの依存関係をダウンロードします。
  4. デプロイメント環境をセットアップします。
  5. システムをテストします。

サポートを受ける

Attribution Reporting API のサポートがさらに必要な場合は、以下をご覧ください。

予期しない動作に遭遇した場合は、以下を行ってください。

更新日 記事を改善する

We serve cookies on this site to analyze traffic, remember your preferences, and optimize your experience.