JavaScriptの実行時間を短縮する

Published on Updated on

Translated to: English, Español, Português, 한국어, 中文, Pусский

JavaScriptの実行に時間がかかると、ページのパフォーマンスはさまざまなかたちで低下します。

  • ネットワークコスト

    バイト数が多いと、ダウンロードも長引きます。

  • 解析とコンパイルのコスト

    JavaScriptは、メインスレッドで解析およびコンパイルされます。メインスレッドがビジー状態に陥ると、ページはユーザー入力に応答できません。

  • 実行コスト

    JavaScriptもまた、メインスレッドで実行されます。ページがその時点ではまだ必要のないコードを数多く実行してしまうと、Time to Interactive (インタラクティブになるまでの時間) (ユーザーがどのようにページの速度を認識しているかを判断するための主な指標の1つ) も遅延します。

  • メモリコスト

    JavaScriptが多くの参照を保持すると、それにより多くのメモリが消費される場合があります。大量のメモリを消費するページは、ぎくしゃくしたり、遅く見えたりします。メモリリークが発生すると、ページは完全にフリーズしてしまう場合があります。

LighthouseのJavaScript実行時間監査が失敗する原因

JavaScriptの実行に2秒以上かかると、Lighthouseは警告を表示します。実行に3.5秒以上かかると、監査は失敗します。

LighthouseによるJavaScript実行時間短縮監査のスクリーンショット

実行時間が長くなる最大の要因を特定できるように、Lighthouseは、ページが読み込む各JavaScriptファイルの実行、評価、解析に費やされた時間を報告してくれます。

See the Lighthouse performance scoring post to learn how your page's overall performance score is calculated.

JavaScriptの実行を高速化する方法

For other ways to improve page load, check out the Performance audits landing page.

リソース

Reduce JavaScript execution time (JavaScriptの実行時間を短縮する) 監査のソースコード

Last updated: Improve article

We serve cookies on this site to analyze traffic, remember your preferences, and optimize your experience.