コンバージョン測定APIからアトリビューションレポートAPIへの移行ガイド(Chrome 92)

Conversion Measurement(コンバージョン測定)APIがChrome92で変更されます。

Published on Updated on

Translated to: English, Español, Português, 한국어, 中文, Pусский, Français, Deutsch

移行する際、質問があった場合、またはサポートが必要な場合は、 メーリングリストに参加して質問してください。

変更内容

2021年の最初の四半期におけるAPI提案の変更に続いて、ChromeでのAPI実装は進化しています。変更点は次のとおりです。

  • API名、および機能ポリシー名。
  • HTML属性名と.well-known のURL。
  • レポートの形式。レポートは、リクエスト本文でJSONとして送信されるようになりました。
  • レポートの内容。 creditと、クレジットが0になるレポートが削除されました。

サポートされているクリックのみのイベントレベルのレポート機能のセットはChrome 92で変更されません。これに関しては後ほど新しい情報を発表する予定です。この変更後、他のアップデートと機能が将来のChromeバージョンでリリースされる予定です。

このAPIのオリジントライアルと今後の機能に関する最新情報を受け取るには、 メーリングリストに登録してください。

これらの変更はいつから有効になりますか?

これらの変更は、2021年7月20日、安定バージョンのChrome 92から有効になります。Chrome 92のベータバージョンは2021年6月3日にリリースされました。

取るべき対策

将来のバージョンでAPIにさらに変更が加えられ、Chrome 92で採用された新しい名前を使用します。

オリジントライアルを実行している場合、またはこのAPIのデモを実装している場合は、次の2つのオプションがあります。

  • オプション1(お勧め) :コードを今または数週間以内に、(できれば2021年7月中旬までに)移行すること。こうすれば、コードベースを将来の変更に備えることができ、新しいChromeクライアントでも引き続き機能します。
  • オプション2 :今後のChromeバージョンでさらに多くのアップデートと機能がリリースされてから、すべての必要なコード変更を一度に行うこと。

移行

移行の例

このプルリクエスト(ドラフト)で、デモアプリを移行する簡単な例を紹介しています。

機能ポリシーコードを更新

レガシーコード新しいコード
allow='conversion-measurement'allow='attribution-reporting'

機能検出コードを更新

レガシーコード新しいコード
document.featurePolicy.features()
.includes('conversion-measurement')
document.featurePolicy.features()
.includes('attribution-reporting')

HTML属性を更新

レガシーコード新しいコード
conversiondestinationattributiondestination
impressiondataattributionsourceeventid
impressionexpiryattributionexpiry
reportingoriginattributionreportto

window.open()引数を更新

window.open()によって開始されるナビゲーションにアトリビューションソースを登録できます。 window.open()を使用してアトリビューションソースを登録している場合は、これらの呼び出しを更新してください。

新しいコードは次のようになります(この名前の変更は、 HTML属性の名前の変更に従います)。

window.open(
'https://dest.example',
'_blank',
'attributionsourceeventid=1234,attributiondestination=https://dest.example,attributionreportto=https://reporter.example,attributionexpiry=604800000'
);

登録呼び出しのURLとパラメータを更新

レガシーコード新しいコード
.well-known/register-conversion?conversion-data={DATA}.well-known/attribution-reporting/trigger-attribution?trigger-data={DATA}

レポートエンドポイントコードを更新します

レガシーコード新しいコード
期待されるブラウザからのリクエスト.well-known/register-conversion?impression-data=&conversion-data={DATA}&attribution-credit=100.well-known/attribution-reporting/trigger-attribution
着信レポートURLパラメータとして送信リクエスト本文でJSONとして送信

レポートデータは、リクエストの本文にJSONオブジェクトとして含まれ次のキーを使います。
source_event_id :以前はimpression-dataのアトリビューションソースに設定された64ビットのイベントIDでした。
trigger_data :以前はconversion-dataのアトリビューショントリガーリダイレクトの3ビットデータセットでした。

⚠️ creditが削除されました。

Last updated: Improve article

We serve cookies on this site to analyze traffic, remember your preferences, and optimize your experience.