Fenced Frames

クロスサイトデータを共有することなく、コンテンツをページに安全に埋め込むことができます。

Published on Updated on

Translated to: English

実装状況

この文書では、新しい HTML 要素 <fencedframe> の提案の概要について説明します。

Fenced Frames が必要な理由

Fenced Frames (<fencedframe>) は、iframe と同様に、埋め込まれた コンテンツ向けに提案された HTML 要素です。 Fenced Frames は、iframe とは異なり、埋め込みコンテキストとの通信を制限し、フレームが埋め込みコンテキストとは共有されずにクロスサイトデータにアクセスできるようにします。 一部のプライバシーサンドボックス API では、Fenced Frames 内でレンダリングする文書を選択する必要がある場合があります。

同様に、埋め込みコンテキストのファーストパーティデータは、Fenced Frames と共有できません。

<fencedframe src="https://3rd.party.example"></fencedframe>

たとえば、news.example (埋め込みコンテキスト) が shoes.example の広告を Fenced Frames に埋め込んだとします。 news.exampleshoes.example 広告からデータを抽出できません。また、shoes.examplenews.example のファーストパーティデータを認識できません。

ストレージパーティショニングによるクロスサイトプライバシーの強化

Web を閲覧しているときに、あるサイトで商品を見た後に、まったく別のサイトの広告でその商品が表示されたという経験があると思います。

現在、この広告手法は、主に、サードパーティの Cookie を使用してサイト間で情報を共有するトラッキング技術によって実現されています。 Chrome はこの技術を段階的に廃止し、プライバシー保護を強化する他の技術で置き換えることを約束しています。

Chrome チームはストレージ パーティションに取り組んでいます。これは、サイトごとにブラウザストレージを分離する技術です。 つまり、frame.examplesite.example のように、同じ eTLD+1 でサイトに埋め込まれた iframes がブラウザストレージを共有できることを意味します。 frame.examplesite.other のように、ホスト名が異なるサイトに埋め込まれた iframe は、ブラウザストレージを共有しません。

ストレージパーティショニングは、localStorage、indexedDB、および Cookie といった標準ストレージ API に適用されます。 パーティション分割された環境では、ファーストパーティのストレージ全体の情報漏えいが大幅に減少します。

クロスサイトデータの処理

Fenced Frames はプライバシーサンドボックス提案であり、最上位のサイトがデータをパーティション分割する必要があることを提言しています。 多くのプライバシーサンドボックス提案は、サードパーティ Cookie やその他のトラッキングメカニズムを使用せずに、クロスサイトユースケースを満たすことを目指しています。 たとえば、次のようになります。

  • FLEDGE では、プライバシーを保護しながら、インタレストベース広告サービスを実現できます。
  • 共有ストレージでは、安全な環境で、パーティション分割されていないクロスサイトデータにアクセスできます。

FLEDGE 提案では、Fenced Frames がどのように機能するかを考えてみましょう。 FLEDGE を使用すると、ユーザーの関心と、ユーザーが関心を持つ可能性がある広告が、広告主のサイトで関心グループに登録されます。 次に、別のサイト (「パブリッシャー」) で、関連する関心グループに登録された広告がオークションにかけられ、勝った広告が Fenced Frames に表示されます。

パブリッシャーが勝った広告を iframe に表示し、スクリプトが iframe の src 属性を読み取れる場合、パブリッシャーはその広告の URL から訪問者の関心に関する情報を推測できます。 これではプライバシーが保護されていません。

Fenced Frames では、パブリッシャーは訪問者の関心と一致する広告を表示できますが、src と関心グループは、フレーム内の広告主にのみ認識されます。 パブリッシャーはこの情報にアクセスできませんでした。

Fenced Frames の仕組み

Fenced Frames は、FLEDGE API 広告オークションで勝った広告から作成されます。 FLEDGE API から取得された情報は、広告自体の URL ではありませんが、不透明なソースになります。

Key Term

不透明なソース は、UUID の Uniform Resource Name (URN) で表されます。 したがって、不透明なソースは、http://example.com (URL) ではなく、urn:uuid:c36973b5-e5d9-de59-e4c4-364f137b3c7aとして表されます。 URN スキームは永続的で、場所に依存しない識別子です。つまり、リソース (広告クリエイティブなど) を検索するために使用することはできません。

不透明なソースを使用すると、サイトの所有者に広告のソース URL を公開しなくても、サイトで広告を表示できます。

広告を表示するだけでは十分ではありません。 iframe のように、広告がパブリッシャーのサイトに postMessage を送信できる場合、表示されているの広告のコンテンツがリークする可能性があります。 そのため、Fenced Frames は、iframe とは異なり、postMessage を使用して最上位のサイトと通信できません。

Fenced Frames は、他の方法でパブリッシャーから分離されます。 たとえば、パブリッシャーは Fenced Frame 内の DOM にアクセスできず、 Fenced Frames はパブリッシャーの DOM にアクセスできません。 さらに、name などの属性は、任意の値に設定し、パブリッシャーが観察することができますが、Fenced Frames では使用できません。

Fenced Frames は、トップレベルブラウジングコンテキスト (ブラウザタブなど) のように動作します。 Fenced Frames の特性は、Explainerで詳しく説明されています。

Fenced Frames と iframe を比べたときの違い

Fenced Frames でできることとできないことを理解したところで、わかりやすくするために、既存の iframe 機能と比較してみます。

機能<iframe><fencedframe>
埋め込みコンテンツはいはい
埋め込みコンテンツは埋め込みコンテキスト DOM にアクセスできるはいいいえ
埋め込みコンテキストは埋め込みコンテンツ DOM にアクセスできるはいいいえ
name などの監視可能な属性はいいいえ
URL (http://example.com)はいはい (モードに依存)
ブラウザが管理する不透明なソース (urn: uuid)いいえはい
パーティション分割されていないストレージへのアクセスいいえはい

Fenced Frames では、プライバシーを保護するために、サポートされている外部通信オプションの数が少なくなっています。

Fenced Frames は iframe に取って代わるのか

最終的には、Fenced Frames は iframe に取って代わることはなく、それらを使用する必要もありません。 Fenced Frames は、異なる最上位のパーティションのデータを同じページに表示する必要があるときに使用できる、よりプライベートなフレームとして提案されています。

同じサイトの iframe (フレンドリな iframe) は、信頼できるコンテンツと見なされます。

Fenced Frames の使用

Fenced Frames は、他のプライバシーサンドボックス提案と連携し、1 つのページ内にさまざまなストレージパーティションの文書を表示します。 候補の API は現在検討中です。

この組み合わせの現在の候補は次のとおりです。

詳細については、Fenced Frames Explainer を参照してください。

<fencedframe> 内の埋め込みコンテンツは src 属性で記述されます。

<fencedframe src="demo_fenced_frame.html"></fencedframe>

ブラウザは、特定のユースケース API の要求に応じて、Fenced Frames src の不透明な URL を生成する場合があります。 たとえば、FLEDGE 広告オークションが実行されている場合、ブラウザは urn: uuid を生成できます。これは、勝った広告クリエイティブの URL にマッピングされます。 その urn:uuid を Fenced Frames で使用して、勝った広告を表示できます。

<fencedframe src="urn:uuid:c36973b5-e5d9-de59-e4c4-364f137b3c7a" mode="opaque-ads" ></fencedframe>

Fenced Frames は、postMessage を使用して親要素と通信できないことを覚えておいてください。 ただし、Fenced Frames は、トップレベルブラウジングコンテキストのように動作するため、Fenced Frames の子である iframe で postMessage を使用できます。

ブラウザは、Fenced Frames と Fenced Frames 内に埋め込まれた iframe からの要求に対して、Sec-Fetch-Dest: fencedframe を設定します。

Sec-Fetch-Dest: fencedframe

サーバーオプトイン

文書を Fenced Frames に読み込むには、サーバーで Supports-Loading-Mode: fenced-frame 応答ヘッダーを設定する必要があります。 ヘッダーは、Fenced Frames 内のすべての iframe にも存在する必要があります。

Supports-Loading-Mode: fenced-frame

Fenced Frames を試す

Chrome フラグを使用すると、chrome://flags/#enable-fenced-frames で Fenced Frame API を有効にできます。

Chrome Experiments で Enable the Fenced frame element というフラグを Enabled に設定する

ダイアログには複数の選択肢があります。 Enable を選択することを強くお勧めします。これにより、Chrome は新しいアーキテクチャ が利用可能になったときに自動的に更新されます。

他のオプションの Enabled with ShadowDOM および Enabled with multiple page architecture は、ブラウザエンジニアにのみ関連する別の実装ストラテジを提供します。 現在、EnableEnabled with ShadowDOM と同じように動作します。 今後、EnableEnable with multiple page architecture にマッピングされます。

機能の検出

Fenced Frames が定義されているかどうかを判断するには、次の手順を実行します。

if (window.HTMLFencedFrameElement) {
// The fenced frame element is defined
}

ブラウザのサポート

<fencedframe> 要素はまだ実験モードであるため、現在は Chrome 97 以降でサポートされています。 現時点では、他のブラウザではサポートされていません

貢献とフィードバックの共有

Fenced Frames の提案は現在も検討中であるため、今後変更される可能性があります。 この API を試して、フィードバックがある場合は、ぜひお聞かせください。

詳細

Last updated: Improve article

We serve cookies on this site to analyze traffic, remember your preferences, and optimize your experience.