Gnatcatcher

クロスサイトの隠されたトラッキングを防ぐため、個々のユーザーの IP アドレスを常に隠します。

Published on

Translated to: English

実装状況

この文書では、隠されたトラッキングを防ぐための新しい提案として、Gnatcatcher の概要について説明します。

この提案が必要な理由

IP アドレスは、クライアントに一意の識別子を提供するために作成されます。 これにより、トラフィックをインターネット経由でルーティングできます。 IP アドレスは 一定期間にわたって安定しているため、ファーストパーティ全体でユーザーを識別できます。

Gnatcatcher、つまりグローバルネットワークアドレス変換と Audited および Trusted CDN または HTTP-Proxy Elimination Reidentification の組み合わせは、IP Blindness に対して提案された ソリューションです。 この提案は、Willful IP BlindnessNear-Path NAT (またはプロキシ関連ソリューション) (Willful IP Blindness に参加していない接続の場合) という他の 2 つの提案と組み合わせることを提言しています。

つまり、デフォルトでは IP アドレスは隠されます。 サイトは、IP アドレスを悪用せずに直接接続を使用していること を証明できる場合があります。

Willful IP Blindness とは何か

Willful IP Blindness の目的は、クロスサイトトラッキング目的で IP アドレスを使用していないことを表明するメカニズムを HTTP アプリケーションに提供することです。
また、この提案では、このメカニズムは、ボット、DoS、および迷惑メールを検出する目的での IP アドレスの使用といった、 通常のサーバー運用を考慮すべきであると規定されています。

Willful IP Blindness は、ホスティングプロバイダーの負荷を軽減するために、コンテンツ配信ネットワーク (CDN) またはリバースプロキシによって、サービスとして提供される可能性があります。

Near-Path Nat とは何か

Near-Path Nat (ネットワークアドレス変換) は、ユーザーのグループが同じサーバー経由でトラフィックを送信できるようにして、すべてのトラフィックが同じ IP アドレスのプールから発信されているように見せることを提案します。 この提案では、IP アドレスのプライバシーを保証するためにサーバー側の変更は必要ないことが提言されています。このため、 サイトとユーザーにとっては導入が大幅に容易になります。

Key Term

ネットワークアドレス変換 は、1 つの一意の IP アドレス でコンピューターのグループを表せるプロセスです。

ブラウザーは、Multiplexed Application Substrate over QUIC Encryption (MASQUE) を使用して、IP privatizing server (IPPS) 経由で HTTP トラフィックを転送します。 サーバーによって認識される HTTP トラフィックの IP アドレスは、ブラウザーの IP アドレス ではなく IPPS の IP アドレスです。 IPPS に対してトラフィックの内容を隠すために、ブラウザーはエンドツーエンドの暗号化を使用します。

Gnatcatcher の機能の仕組み

Gnatcatcher は、Near-Path NAT と Willful IP Blindness の両方の使用を提案しています。 Near-Path NAT (または別のプロキシソリューション) は、ベースラインのデフォルトとして の宛先サーバーからの IP アドレスを使用します。

悪用を防止するために追加の制御が必要な Web サービスプロバイダーのサブセットがあります。 これらのプロバイダーは、クライアントが直接接続できるように、Willful IP Blindness の準拠を証明するように選択できます。 その準拠は、監査と認証(Certification)によってに保証される可能性があります。

Willful IP Blindness が施行される方法

Willful IP Blindness の施行では、複数の選択肢が考慮されます。 1 つの可能性は、IP アドレスにアクセスするための評価と証明のために、独立したサードパーティの コーディネーターを要求することです。

Gnatcatcher の施行はまだ検討中です。

Gnatcatcher が公開される時期

調整された提供の最も早い日が、Gnatcatcher が公開され、オプションとしてサイトで使用できる最も早い日です。 これは 2023 年以降になる予定です。

現時点では、Gnatcatcher は提案であり、どのブラウザーにも実装されていません。

貢献とフィードバックの共有

Gnatcatcher の提案は現在も検討中であるため、今後変更される可能性があります。 この API を試して、フィードバックがある場合は、ぜひお聞かせください。

Last updated: Improve article

We serve cookies on this site to analyze traffic, remember your preferences, and optimize your experience.