Privacy Sandbox とは何ですか?

Privacy Sandbox とは、サードパーティ Cookie やその他の追跡メカニズムを使用せずにクロスサイトのユース ケースに対応するための一連の提案のことを指しています。

Published on Updated on

Translated to: English, Español, Português, 한국어, 中文, Pусский, Français, Deutsch

Privacy Sandboxが必要な理由

Privacy Sandboxのイニシアチブには、2つの主要な目的があります。

  • ユーザーのサイト間での追跡やユーザーに知らせずに行うサイト間での追跡行為を防ぎながら、Webで活用でき、ビジネスモデルをサポートする代替ソリューションを開発すること。
  • 新しいソリューションが導入されたら、サードパーティのCookieのサポートを段階的に廃止すること。

Privacy Sandboxの提案とは?

Chromeやその他のエコシステムの利害関係者は、これまでに31件以上の提案を提供してきました。これらの提案は、さまざまな使い方と要件に対応しています。 W3Cグループの公開リソースで確認できます。

Chromeチームによって立案された主な提案を以下の通りです。

関連するコンテンツと広告

  • FLoC:プライバシーを保護する、関心事に基づいた広告とコンテンツの選択:「関連広告」。
  • FLEDGE:リマーケティングのための広告の選択。 TURTLEDOVEから生まれたAPI。

測定とアトリビューション

  • アトリビューションレポート:広告へのクリックまたは広告閲覧とコンバージョンとの関連性を探れます。以前はEvent Conversion Measurement APIとして知られていました。イベントレベルレポートと集計レポートという2種類のレポートを実現します。

ファーストパーティの保護

  • SameSite Cookieの変更:クロスサイトCookieを明示的にマークして、サイトを保護できます。
  • First-Party Sets:同じエンティティが所有する関連ドメイン名が同じファーストパーティに属していると名乗れるようにします。

不正検出

  • Trust Tokens:不正行為を防ぎ、ボットと人間を区別するために、ユーザーに対するコンテキスト間の信頼を表します。

データ収集の制限

  • Privacy Budget:Webサイトがユーザーのブラウザーまたはデバイスに関する情報を取得できるようにしますが、ブラウザーがサイトがアクセスできる情報の合計量を制限できるようにし、ユーザーを識別できないようにします。
  • User-Agent Client HintsUser-Agent(UA)という文字列は、消極的にユーザーを識別できる重要でかつ処理しにくい情報源です。Client Hintsを使用すると、開発者は、User-Agent文字列からこのデータを解析する必要がなくなり、ユーザーのデバイスまたは条件について必要な情報のみを積極的に要求できます。
  • Gnatcatcher:IPアドレスを利用して個々のユーザーを識別する機能を制限します。提案には2つの部分があります。Willful IP Blindnessでは、WebサイトがIPアドレスをユーザーに関連付けしていないことをブラウザに通知できるようになります。Near-path NATでは、ユーザーのグループが同じプライベートサーバーを介してトラフィックを送信し、実質、サイトホストからIPアドレスを隠せます。Gnatcatcherはまた、不正使用防止などの正当な目的でIPアドレスの情報を必要とするサイトが、認証と監査を条件としてIPアドレス情報を取得できるようにします。

アイデンティティ

  • WebID:ユーザーが明示的に同意しない限り、ユーザーのメールアドレスやその他の識別情報をサードパーティのサービスまたはWebサイトと共有せずに、フェデレーションID(ユーザーがサードパーティのサービスを介してWebサイトにサインインできるもの)をサポートします。WebIDを使用すると、リダイレクト、ポップアップ、またはサイト間でユーザーを識別および追跡するために使用できるサードパーティのCookieを使用せずに、フェデレーションサインインを実現できます。

Privacy Sandboxに取り組んでいるのは誰ですか?

2021年頭までに次のような取り組みがありました。

  • Chromeなどが30件以上のPrivacy Sandboxの提案を立案しました。
  • Improving Web Advertising Business GroupおよびPrivacy Community Groupを含めて、400以上の参加者がW3Cグループに参加して感想を寄せました。
  • Chromeでのテスト用の5つのAPI実装が利用可能になりました。

APIの実装日

このサイトの実装状況ページには、個々のAPIの進捗状況に関する最新情報が記載されています。


本APIに関わってフィードバックを共有しましょう

詳細はこちら

プライバシーサンドボックス提案の説明

API提案の説明にはフィードバックが必要です。特に述べられていない使い方や目標を達成するためのよりプライベートな方法を提案するフィードバックが必要です。各説明の [問題] タブでコメントしたり質問したりできます。

Web開発者向けの記事とビデオ

提案の背後にある原則と概念

Last updated: Improve article

We serve cookies on this site to analyze traffic, remember your preferences, and optimize your experience.