Chrome エンジニアとオープンソースのウェブ フレームワークが協力し、特にパフォーマンスに重点を置いてウェブ全体のユーザー エクスペリエンスを改善しています。
オープンソースのツールとフレームワークは、デベロッパーがウェブ向けの最新のアプリを構築できるようにするとともに、優れたデベロッパー エクスペリエンスをサポートするうえで大きな役割を果たします。
2023 年、Aurora のチームは、ウェブ フレームワークを使用するアプリケーション向けに Core Web Vitals を改善することに力を入れています。現在、Next.js、Angular、Nuxt と提携して、パフォーマンス関連の機能をリリースしています。

ブログから

Angular で SSR とともに DOM を安全に使用する方法を学習します。
Angular アプリの画像パフォーマンスをさらに向上させる、Angular NgOptimizedImage ディレクティブに含まれる新機能について学びます。
Next.js、Nuxt、Vite、Capsize のツールを使用して、Cumulative Layout Shift(CLS)を防ぐためにフォント フォールバックのサイズを調整する方法を理解します。
フォント フォールバックの生成方法と、size-adjust、acent-override、descent-override、line-gap-override API の各 API について、詳しく解説します。
ポリフィルの仕組み、それが克服する課題、優れたユーザー エクスペリエンスを提供するためのベスト プラクティスをご紹介します。
バージョン 14 から利用可能になった Largest Contentful Paint(LCP)を、Angular の画像ディレクティブを使用して改善する方法について説明します。
Next.js Script コンポーネント(サードパーティのスクリプトの読み込みを最適化する組み込みソリューション)の背後にあるビジョンを理解します。

最近のテックトーク

最新の Aurora プロジェクト、機能、ベスト プラクティスについては、こちらの動画をご覧ください。
Next Conf 2023: Next 14 でリリースされた新しい Next/サードパーティのパッケージについてご確認ください。
perf.now() 2023 年イベント前: Google が Next.js と Angular で構築した、画像のパフォーマンスを向上させるフレームワーク ツールの詳細をご覧ください。
Chrome Aurora チームの Houssein Djirdeh 氏による useReactNYC 2023 Fireside Chat をご覧ください。
Infobip Shift 2022: Chrome Aurora チームが Next.js、Nuxt、Angular と連携し、ウェブ フレームワークのエコシステムを進化させるためにどのように取り組んでいるかをご覧ください。
ng-conf 2022: このセッションでは、画像によってアプリの速度を低下させるさまざまな方法と、Aurora チームがそうした落とし穴を回避するために推奨している最適化について説明します。
Vue Conf US 2022: Chrome と Nuxt との最新のコラボレーションや、Nuxt アプリで画像やフォントを最適化するための推奨ベスト プラクティスをご紹介します。